イチョウ葉エキス

【無料パンフレットお届け】ALSOKが見守る、見つける、かけつける!

回数制限なし。GPSで今どこにいるか見つける。
これ一台で離れた大切な人を見守ります。

>>現在位置の検索が何度でも無料!ALSOKのまもるっく

記憶力の維持に役立つイチョウ葉エキス

 

【イチョウ葉エキスとは】

 

イチョウ葉エキスは、乾燥したイチョウの葉から抽出された成分のこと。

 

イチョウ葉エキスに含まれるフラボノイド配糖体、テルペンラクトンには、認知機能の一部である記憶力を維持する機能があることが報告されています。

 

イチョウは中国原産で、もともと漢方薬として4000年の歴史があります。

 

ドイツ・シュワーベ社のイチョウ葉エキスがドイツでは医療品として認められています。日本ではアサヒグループ食品株式会社がドイツと同じ原料を使った製品を「シュワーベギンコ」という商品名で販売しています。

 

1日240ミリグラムのイチョウ葉エキスを4週間とった場合、微小血管の著しい増加作用を示した、との解説もあります。またイチョウ葉エキスを含むサプリメントを8か月間摂取した場合、摂取した場合と比べて記憶力が有意に増加しました。

 

 

 

【イチョウ葉エキスの有効成分】

 

 

イチョウ葉エキスに含まれる有効成分に、フラボノイドとテルペン類があります。

 

>>フラボノイド

 

フラボノイドは強い抗酸化作用をもっています。悪玉活性酸素を打ち消したり、もろくなった血管を修復する働きがあります。

 

>>テルペン類

 

脳の血管を広げ、血流を増やす働きがあります。血液をサラサラにする作用や記憶中枢の海馬神経細胞を活性化する作用などもあります。

 

 

 

【日本では健康食品として販売】

 

 

イチョウ葉エキスは、日本では健康食品(機能性表示食品)として販売されています。

 

ドイツやフランスなどの欧州諸国では、脳の機能障害の改善薬として40年近く使われてきた実績があります。脳梗塞、めまい、耳鳴り、頭痛、記憶力の低下に役立つと認められています。

 

アルツハイマー型認知症と脳血管性認知症の両方に効果があるとして、米国で認知症治療薬としての承認にむけ、大規模な臨床試験も行われています。

 

 

 

【薬との飲み合わせに注意が必要】

 

 

イチョウ葉エキスは、脳の血行をよくし認知症の防止に効果があるとして人気があります。ただし、薬との飲み合わせには注意が必要です。

 

また商品のなかには有効成分がまったく含まれていなかったり、含まれていてもわずかだったり、副作用を起こす成分がまざっているものもあります。

 

通信販売でイチョウ葉エキスを購入するときは医師によく相談し、信頼できるメーカーの商品を選びましょう。

 

アサヒのシュワーベギンコは、世界48か国でイチョウ葉エキスを販売しているドイツ・シュワーベ製薬のエキスを使用し、国内シェアもNo.1の機能性表示食品です。

 

>>アサヒグループ食品株式会社のシュワーベギンコはこちらAmazon

 

 

 

【ハーブエキスで脳を活性化する】

 

 

薬草(ハーブ)から抽出したハーブ濃縮エキス。

 

ドイツでは治療効果のあるハーブエキスは法律で自然薬品として認められています。医師がハーブを病気の治療に用いたり、人々は自分に最適なハーブをお店で選んでもらうことが一般的におこなわれています。

 

ハーブエキスの代表的なものに、イチョウ葉エキスがあります。ほかにもアーティチョーク(ダイエット、肝臓の不調)、エキナセア(尿路感染症・インフルエンザ)などのハーブがあります。

 

 

 

>>オメガ3について

【無料パンフレット請求】依頼をすればガードマンが駆け付ける!

通話機能付きで話せるから安心!
一ヶ月たった1.100円で安心が手に入ります。

>>現在位置の検索が何度でも無料!ALSOKのまもるっく