脳を守り鍛える日常生活のススメ

【無料パンフレットお届け】ALSOKが見守る、見つける、かけつける!

回数制限なし。GPSで今どこにいるか見つける。
これ一台で離れた大切な人を見守ります。

>>現在位置の検索が何度でも無料!ALSOKのまもるっく

脳を守り鍛える日常生活のススメ

 

【脳とは】

 

脳とは人間が生活するために必要な器官のひとつ。ベッドから起床するにも、食事をするにも、勉強するにも、仕事をするにも、脳がなければ始まりません。

 

そして脳は、あなたが朝おきてから夜寝るまでずっと動いています。脳はとても働き者です。

 

心臓などの人口臓器が開発されて実用化されていますが、いまだに人口脳はありません。それだけ脳というのは代わりがきかない器官なのです。

 

 

 

【脳はとても大食漢】

 

 

脳の重さは人にもよりますが、男性で1300から1500グラム。女性で1200から1250グラム程度です。

 

1キロちょっとの脳が50キロや80キロの人間の身体を動かしています。

 

そのため脳はとても大食漢。エネルギーを使います。およそ人間が1日に使うエネルギーの約1/4を脳は消費します。

 

 

 

【アルツハイマー病は予防できない?】

 

 

アルツハイマー病は、脳にベータ・アミロイドというゴミが溜まることが原因とされています。脳にゴミがたくさん溜まると、周囲にある神経細胞が死んでしまったりして脳が委縮してしまうのです。

 

では脳にベータ・アミロイドというゴミが溜まらなければ。もしくはベータ・アミロイドが溜まっても薬などで消してしまえば、アルツハイマー病は発症しないのでしょうか。

 

30年ほど前から始まったアメリカの修道女を対象にした研究(ナン・スタディ)によれば、驚くべき事実がわかりました。

 

・認知症でなかった人の脳を解剖したところ、脳の中がベータ・アミロイドで一杯だった
・認知症だった人の脳を解剖したところ、脳の中のベータ・アミロイドが少なかった

 

のです。

 

つまり、ベータ・アミロイド(ゴミ)で脳が一杯になってもアルツハイマー病を発症しない人がいる一方、脳にゴミがそれほど溜まっていなくてもアルツハイマー病を発症する人がいます。

 

その違いは「若いときから脳を鍛えていたこと」でした。

 

文章を書く、誰かと話をする、想像力を豊かにする、など脳を鍛えれば、アルツハイマー病に負けない強い脳を作れる可能性がでてきたのです。

 

ちなみに別の研究では、アルツハイマーを発症した人の脳からベータ・アミロイドを消すワクチンを投与したところ、ベータ・アミロイドは消えても知的回復はまったく見られませんでした。

 

つまり、ベータ・アミロイドを消すのであれば、アルツハイマー病を発症する前でなければ意味がないのです。

 

 

 

【日常生活での脳の鍛え方】

 

 

高齢者になってから。アルツハイマー病を発症してからでも脳を鍛えるのは遅くありません。むしろ脳を鍛えないと、認知症は進行していきます。

 

脳はもともとたくさんの人とコミュニケーションするためにあります。日常生活で意識して脳を使いましょう。

 

・おしゃべりする
・歌をうたう
・意識して外にでる
・手を使う(模型をつくる、編み物や縫い物、刺繍をする、絵を描く)
・麻雀、将棋、オセロ、碁などのゲームをする
・犬や猫といったペットを飼う

 

 

 

>>>認知症になりにくい食事とは

【無料パンフレット請求】依頼をすればガードマンが駆け付ける!

通話機能付きで話せるから安心!
一ヶ月たった1.100円で安心が手に入ります。

>>現在位置の検索が何度でも無料!ALSOKのまもるっく