改訂長谷川式簡易知能評価スケール(判定テスト)

改訂長谷川式簡易知能評価スケール(判定テスト)

 

【改訂長谷川式簡易知能評価スケールとは】

 

認知症の判定に使うテストのひとつに改訂長谷川式簡易知能評価スケール(HDS-R)があります。

 

わが国でよく使われている日本で開発されたテストです。介護保険の意見書を書くときに必要なため、多くの医師が慣れているテストともいえます。

 

長谷川和夫教授が1974年に考えた知能検査テストを、1991年に改訂しました。テストは見当識、記憶力、計算力、言語力などが試されます。

 

判定テストは9つの質問項目があり、30点満点で採点されます。

 

質問項目は

 

・あなたの歳はいくつ
・今日は何年何月何曜日ですか
・今いる場所はどこですか
・3つの言葉を言うので言ってください(例 杉、犬、新幹線)
・100から7を引いていってください
・これから言う数字を逆に言ってください(例 5-7-1)
・さきほど覚えてもらった3つの言葉を言ってください
・5つの品物を見せて隠したあと、何があったか言ってください
・野菜の名前を知っているだけ多くあげてください(名前が多ければ多いほど加点する)

 

があります。

 

20点以下で認知症の疑いがあり、11〜19点で中度、10点以下では、やや高度。5点以下は非常に高度の認知症と判定されます。

 

テストですが、ふつうの人にとっては、とても簡単な内容になっています。

 

 

 

【改訂長谷川式簡易知能評価スケールの注意点】

 

 

高校や大学入試のテスト問題が試験前に流出したら大変な事件になります。

 

これは改訂長谷川式簡易知能評価スケールでも同じ。検査用紙やテストの中身を本人に事前に見せてはいけませんし、家族が事前にテストをしてはいけません。

 

アルツハイマー型など初期の患者は「自分は認知症ではない」と、とりつくろうことがあります。早期発見・早期治療をするためにも、知能検査は必ず医師にしてもらうことが必要です。

 

もしも受診したお医者様に頼んでも知能検査をしてくれない場合、医療機関を替えましょう。

 

 

 

【改訂長谷川式簡易知能評価スケールの弱点】

 

 

改訂長谷川式簡易知能評価スケールは、記憶力の低下があるアルツハイマー型を意識して作られています。

 

そのため、テストも「100から7を順番に引いてください」といった作業記憶を調べる内容が多くなっています。

 

初期のレビー小体型の場合、記憶力の低下がほとんどなく、改訂長谷川式簡易知能評価スケールで高得点を出しやすく、認知症であることが見逃されることもあります。

 

テストはあくまでもテスト。目安と考えて盲信しないよう注意が必要です。

 

 

 

【自宅で簡単にできる検査テスト MMSE】

 

 

ミニメンタルステートテスト(MMSE)は医療機関で多く使用されている、認知症かどうかを検査するためのテストです。

 

臨床心理士が口頭で質問し、記憶力、計算力、言語力、現在の日時、自分がいる場所を認識しているかどうか、測定します。

 

日ごろの様子を知っている家族や友人が口頭で質問してみましょう。月に一度行ってみてください。

 

満点なら正常、29-24点は軽度認知障害の疑いあり、23-0点は認知症の疑いがあります。各1点。

 

>>Q1

 

・今年は何年?
・今の季節は何?
・今日は何曜日?
・今日は何月何日?

 

>>Q2

 

・ここは何県?
・ここは何市?
・ここは何階?
・ここは何地方?
・かかりつけの病院の名前はなに?

 

>>Q3

 

質問者が無関係な物の名前(船、猫、竹)(犬、桜、飛行機)を1秒に1個ずつ言う。回答者が3つ答えられればよい。6回まで繰り返しOK

 

>>Q4

 

100から7を順に引いてください

 

>>Q5

 

Q3の名前を言ってください

 

>>Q6

 

(時計をみせつつ)これはなんですか?
(鉛筆をみせつつ)これはなんですか?

 

>>Q7

 

以下の文章を読み、その後繰り返す。

 

「みんなで力をあわせて綱を引きます」

 

>>Q8

 

以下の3つの動作を行え。

 

A「右手に紙をもて」
B「その紙を半分に折り畳め」
C「その紙を机の上に置く」

 

>>Q9

 

以下の文章を読み、指示に従え。
「目を閉じろ」

 

>>Q10

 

何か文章を書いて。

 

>>Q11

 

次の図形を書け。

 

 

【無料でパンフレットをお届けします】いつでもどこでもALSOKが駆けつける まもるっく

 

 

 

>>アルツハイマー病の予防にピロリ菌の除菌が効果的か