認知症を板チョココーヒーで予防

認知症を板チョココーヒーで予防

 

認知症は脳の糖尿病といわれるが、板チョココーヒーは糖尿病をはじめ、生活習慣病すべてに効果あり

 

(主婦の友インフォス情報者 健康 2016年6月号 より引用)

 

カフェインは神経細胞(ニューロン)を活性化する。さらに、コーヒーを飲むと直後に頭が冴えるだけではなく、長期的に記憶力が向上する可能性がある。

 

(大和書房 科学でわかった正しい健康法 より引用)

 

コーヒーを飲むことで心臓病、脳卒中、呼吸器疾患、糖尿病、伝染病などの病気だけでなく負傷や事故による死亡リスクも下がった。

 

(毎日新聞出版 白澤教授が贈る100歳まで健康に生きるための111の話 より引用)

 

フェルラ酸やコーヒー酸も、アルツハイマー病の予防や改善が期待できます。

 

(イースト・プレス 薬いらずで認知症は防げる、治せる!より引用)

 

約1400人の中高年を21年間追跡した調査で、1日3〜5杯のコーヒーを飲む習慣がある人はアルツハイマー病になるリスクが6割ほど少なかったといわれます。

 

(フィンランド クオピオ大学研究グループ)

 

わたしはコーヒーが大好きです。ココナッツオイルを入れて毎日3杯は飲むようにしています。コーヒーのお供として、カカオ100%のチョコレートもあわせて1日25グラム食べています。

 

コーヒーにはいろいろな健康成分が含まれていることがわかっています。たとえばポリフェノール。ポリフェノールは血管や血液の中の活性酸素を除去し、血圧と血糖値を安定させる働きがあります。カフェインにも血管を広げて血の流れをよくし、血管内の組織を修復する作用があります。ほかにもコーヒーにはビタミンB2、ビタミンB5、カリウム、マグネシウムなどが含まれています。

 

 

 

【コーヒーの効能】

 

 

さまざまな科学的な調査によって、コーヒーの効能がわかっています。

 

・コーヒーを飲む運転手は衝突事故を63%起こしにくい(オーストラリアの調査)
・口腔がんや2型糖尿病のリスクの減少、肝臓機能の強化
・1日に2〜4杯のコーヒーを飲む人は、自殺するリスクが50%低い(ハーバード大学)
・1日に3杯コーヒーを飲む人は、死亡するリスクが10%減ることがわかった(2012年、ニール・D・フリードマン博士による調査)

 

 

 

【板チョココーヒーの作り方と飲み方】

 

 

チョコレートの主原料であるカカオ。カカオにはカカオポリフェノールが含まれています。カカオポリフェノールには、BDNFと呼ばれる脳由来神経栄養因子を増加させることが愛知学院大学の調査によって判明しています。

 

BDNFが増加するということは、認知症や脳の機能の低下の予防、改善が期待できます。

 

またチョコレートで記憶力や幸福感を向上させる脳内物質が増えると判明。チョコレートには精神的なストレスを取り去る働きもあり、うつ病を防ぐことも期待されています。

 

このチョコレートを熱いコーヒーに溶かして飲む「板チョココーヒー」を1日2杯飲むようにしましょう。作り方は簡単。ホットコーヒー1杯にカカオ分70%以上の高カカオチョコを10〜12グラム入れ、スプーンで混ぜるだけ。

 

昼食前と15時のおやつの時間に1日2杯飲みます。夕方以降に飲むとカフェインの影響で夜に眠れなくなる人もいるので、15時以降は飲まないほうがいいでしょう。人や体調にもよりますが、カフェインは摂取してから7時間は持続するといいますので。

 

 

 

【コーヒーの効能】

 

 

コーヒーを飲まない人と比べた場合、一定量以上のコーヒーを飲む人は認知機能の低下が少ない、という報告があります。もっとも認知機能がよく保たれていたのは、1日に3杯のコーヒーを飲む人でした。

 

マウスを使った動物実験では、カフェインを摂ると脳での異常なたんぱく質の沈着が少なくなることも確認されています。カフェインを摂取したアルツハイマー病マウスは、摂取しなかったマウスより正常なマウスと同じくらい迷路実験で正しい場所に到達しました。またアミロイドベータの脳内蓄積量も、摂取していないマウスに比べ40%ほど抑制されていたのです(埼玉医大 森隆 准教授)。

 

コーヒーにはカフェイン以外にもポリフェノールのクロロゲン酸、マグネシウムなどが含まれ、認知機能の低下を抑える作用があるのではないかと考えられています。

 

 

 

【コーヒーの選び方】

 

 

温かければ豆からドリップしたものでも、インスタントでも大丈夫。

 

わたしはお湯で1杯ずつ入れるAGFのブレンディ・ドリップパックを飲んでいます。100杯分で2000円ちょっととお得なうえ、使ったコーヒーのカスを乾燥させれば消臭剤として再利用できます。

 

チョコレートもコーヒーも食品ですが、食事指導を医師や管理栄養士から受けているひとは相談してから始めましょう。

 

 

 

【チョコレートの選び方】

 

 

チョコレートの原料はカカオです。

 

板チョココーヒーに入れるチョコレートは、スーパーやコンビニで売られている1枚100円のチョコレートではなく、カカオ分が多く含まれる「高カカオチョコレート」を選んでください。具体的にはカカオ分が70%以上ふくまれているものになります。

 

チョコレートの原材料をみて、カカオが一番に来るものなら合格。原材料は多いものが一番に表示されます。砂糖が一番に来るものはカカオより砂糖が多いので注意が必要です。

 

本来、カカオは甘くありません。むしろ苦いもの。健康への効果を考えるのであれば、カカオ分100%のチョコレートがおすすめです。大東カカオ クイックメルト カカオマス (カカオ分100%)なら1kgで2000円ほどで購入できます。

 

ブラックコーヒーが飲めない人は、チョコレートに砂糖が入っているカカオ分70%以上のものにしましょう。

 

 

 

【板チョココーヒーの効果】

 

 

・がん
・動脈硬化
・ピロリ菌
・便秘解消

 

>>がん

 

ラットを使った実験で、チョコレートのポリフェノールががんの発生と同時に増殖を抑えると発表(名古屋大学)。

 

>>動脈硬化

 

血液年度の高い被験者にチョコレートを食べさせたところ血流が改善(東海学園女子短期大学の研究による)。

 

>>ピロリ菌

 

胃がんや胃潰瘍の原因といわれるピロリ菌。チョコレートに含まれるカカオマス・ポリフェノールと遊離脂肪酸はピロリ菌が胃粘膜に定着するのを抑制した(マウスと試験管の実験による)。

 

>>便秘解消

 

チョコレートには食物繊維も多く含まれています。

 

 

 

>>インターバル速歩で糖尿病など生活習慣病を予防する