認知症の徘徊を防止する7つの対策

【無料パンフレットお届け】ALSOKが見守る、見つける、かけつける!

回数制限なし。GPSで今どこにいるか見つける。
これ一台で離れた大切な人を見守ります。

>>現在位置の検索が何度でも無料!ALSOKのまもるっく

認知症カフェについて

 

【認知症カフェとは】

 

今や誰が認知症になってもおかしくない時代です。

 

問題を家族だけで抱え込まないようにし、本人と家族が穏やかに暮らしていくために、第三者と情報を交換したり、悩みを相談するなど助けを借りましょう。

 

そして、ストレスや負担を軽減するために、さまざまな支援ネットワークの存在を活用します。

 

政府による新オレンジプランなど、認知症の人を社会全体で支えようとする試みのひとつが「認知症カフェ」です。

 

カフェは、認知症の人と家族のことを第一に考えてつくられた集いの場。じっさいには、オレンジカフェという名前のほうが多く、オランダのアルツハイマーカフェ、イギリスのメモリーカフェ、ディメンシアカフェを参考に生み出されました。

 

現在、日本各地で開設され、その数が増え続けています。本人や家族、知人、医療やケアの専門職、認知症について学びたいひと等が気軽に集まることができる場所です。

 

場所もお店をはじめ、古民家や施設を利用し、定期的に営業することもあれば、週一、月に一度営業します。

 

 

 

【認知症カフェのメリット】

 

 

認知症になると、よく通っている道や駅がわからなくなったり、慣れているはずの銀行のATMの操作を失敗します。そんなことが重なると外出するのが怖くなり、めったに家からでない生活をおくっていきます。結果的に、日ごろからどうしても家に閉じこもりがちに。

 

そんな人でもカフェに行くことで気軽にお茶を飲み、お菓子を食べながら、落ち着いて、ゆっくりと過ごすことができます。カフェに通ううちに友達ができ、デイケアに一緒に行くひとも。

 

そして家族にとっては同じ境遇同士で悩みを話しあったり、情報交換できるメリットがあります。

 

 

 

【カフェ参加による効果】

 

 

カフェに参加することは、本人だけでなく、その家族や友人、カフェスタッフである専門職や市民ボランティアにとっても意味のあることです。

 

本人は仲間ができ、自分でもできることを知り、家族や友人は悩んでいる、苦労をしているのは自分たちだけではないことを知ります。

 

 

 

【カフェの運営者】

 

 

カフェは家族の会、自治会、社会福祉法人(社会福祉協議会)、NPO法人、有志の個人、既存のカフェやレストランのオーナー、などによって運営されています。

 

 

 

【認知症カフェの現状】

 

 

全国の市区町村のおおくがカフェの開設と運営に対する助成金を用意していることから、ここ数年のうちに全国でカフェの数が急速に増えています。

 

カフェ開設の頻度は、週1回〜月1回程度で、1回あたり2〜5時間程度です。営業時間や営業日の決まりはありません。

 

>>>成年後見制度で高齢者を守る

【無料パンフレット請求】依頼をすればガードマンが駆け付ける!

通話機能付きで話せるから安心!
一ヶ月たった1.100円で安心が手に入ります。

>>現在位置の検索が何度でも無料!ALSOKのまもるっく